実装まで完了したら、その次に大切になることはテストです。

 

このテストというフェーズは、実現したいことがしっかりと実現されているか?

 

ということを確認するフェーズとなります。

 

ですが、システム開発の経験が長い人であれば分かると思うのですが、実はテストフェーズでは、これ以外のことについても目的が存在するのです。

 

それは、理解を深めるということです。

 

自分が作成したシステム、プログラムのテストをして機能を確認すると同時に、そのプログラムがある状況下においてこのような動きをする。あのような動きをする。

 

といった設計段階や実装段階では想定していない動きをする場合があります。

 

それは適切な動きである場合と、そうではない場合とがありますが、問題なことは、この点について認識が出来ていない状態にあったということなのです。

 

このような状態のまま、本番稼動に入った場合、混乱が予想されます。

 

システムトレードの場合であれば、適切な動きであるにも関わらずシステムをいったん停止してしまったというような事につながるのです。

 

特にトレードシステムの場合、検証に検証を重ねることをお勧めします。

 

自分が作ったプログラムであれ、他人の作ったプログラムであれ、しっかりとテストフェーズで、検証しておくことで、運用時の対応が非常に楽になるのです。