勝ち続けるシステムということを考えましたが、これと同時に思考するシステムということも考慮に入れておくべきです。

 

思考するシステムとは、ロボットも自ら思考して発達することを想定している通り、システム自体にも思考してもらうということを念頭におくべきだということになります。

 

弱点を自分で修復してねということです。

 

と言っても、こんなことは現状では難しい話。。。

 

現状は、我々がこれを補うことで実現可能です。

 

それは、システム自体が古くなり優位性が失われると、そのシステムは使えないものとなるわけですが、そのシステムがどのような進化を遂げれば、使えるのか。

 

この点について、明快に答えるようになれる位に自分の扱うシステムに関しては、詳しくなっていた方がよいです。

 

なぜなら、そのことで、システム再利用性がさらに増すためです。

 

システムの優位性がなくなり、その後ある一定期間を経ると、再びそのシステムが使用可能となるということはあるのですが、これ以外にも、システムのこの部分を触れば、今も十分使用可能なシステムに変身することが出来る可能性が発生するとすれば、システム利用の幅が大きく広がってきます。

 

もちろん、これは少し難易度が高いことで、システムやプログラムに関して、あまり詳しくない人が手を出すべき内容ではないと思われ、特にプログラム自体を購入したり、システム自体を購入したりしている場合には、このように自分で手を加えることは避けた方がよいことも多いと思います。

 

ですが、実装内容について、しっかりと認識出来ているプログラムであれば、実際に手を加えることに抵抗がない人は、やってみるのも良い経験になると思います。

 

それが出来るようになれば、トレードシステムを作る上で大きな力になるはずです。