自動売買について、色々なことが言われています。

 

完全自動売買、プログラム売買なんかで儲けられるわけがない。

 

自動売買は危険が多い。

 

自動売買で利益を得ているという人を聞いたことがない。

 

その他、バックテストをやってもあまり意味が無い。

 

実際に本番で稼動するチャートデータ上だと全く異なる結果になる。

 

信頼性が低いので危険などなど。。

 

確かに非常に利益を得ている人で実績あるトレーダーの方でも自動売買はダメという意見を貫く人もいます。

 

自動売買には安定運用上ネックとなる色々なことがあることは事実です。

 

一方で、自動売買は巨額の投資マネーを動かす投資家集団が利用していることも事実です。

 

自動売買自体は、現在も利用され、一部の投資家・トレーダーの役に立ち、利益を生み出し続けていることも事実なのです。

 

ですが、個人単位で信頼性のあるトレードノウハウをシステム化して自動売買を行う際には、気をつけておかなければいけない点があります。

 

それは、チャート上の細かい単発的な動きに簡単に影響されるようなプログラムにはしないことです。

 

これがまず第一に大切なことです。

 

それから、後でプログラムが正しく動いていることを検証可能とするようにプログラムを複雑化させないことです。

 

それから、超短期売買で1日に何百、何千回もトレードするようなシステムにしないことです。

 

それから、プログラムを稼動後に自動で終了させる必要がある時に終了するようなプログラムの作りになっていることがあります。

 

以上の条件を満たしているプログラムを使用して自動売買を行う必要があります。

 

客観的に考えて、自動売買は人の裁量部分を減らし、システム通りの動きしかしないという点で、裁量思考かつ手作業による売買方法に比べて、ミスの発生もなく、信頼性が高いと思います。

 

特に誰かにこの部分を代わってもらうということを考えた場合には、人よりもコンピューターの方が、指示通りに行ってくれるでしょう。

 

ミスの可能性もありません。考慮すべき点はシステムトラブルとなります。

 

自動売買の優位性は、我々の前で確実なものとして表れています。

 

ですが、この自動売買をしっかりと自分のものとするためには、以上で挙げたことを考慮する必要があるのです。